健康促進!ローヤルゼリー

Royal jelly work

メインイメージ

ローヤルゼリーの安全性(副作用はある?)

ローヤルゼリーは美肌などの美容効果に加え、生活習慣病などの改善にも役立つ物質です。
ミツバチが女王蜂の為だけに作り出す特殊な物質で、
本来は女王蜂しか食べることのできないことでも知られています。

栄養素は40種類以上にも及ぶうえに、木々の樹液から作られているため免疫作用もあります。
結果として健康維持に非常に有用性の高い物質として世界中で愛されているのです。

ここでは、一体どんな症状に効くのかという薬効・効能をはじめとして、
副作用の有無や服用上の注意点などについて詳細に解説しています。

副作用の有無

そもそもローヤルゼリーは【健康食品】であるということを頭に入れておきましょう。
そして、健康食品はあくまでも食品であり医薬品ではありません。

この副作用という言葉そのものは医薬品にしか使用しない言葉です。
健康食品はあくまでも天然由来の成分を含んだ食材です。
それに対して医薬品は化学物質という表現が的確でしょう。

キャベツやレタス、肉や魚を食べても副作用は引き起こされない様に、
ローヤルゼリーを食べても同様に何も引き起こされません。
つまり結論をいえば、副作用はありません。

アレルギーは?

しかしながら、気にしなくてはいけないのがアレルギー症状です。
これも上記のたとえ話と合致する内容です。

卵や牛乳、蕎麦などの食べ物がアレルゲンになるという事が一般的であるのと同様で、
ローヤルゼリーもアレルゲンになり得るのです。

その為、摂取に際しては十分な注意が必要だといえるでしょう。
特にアレルギー体質だといういう方や体調の優れない方は服用を控えておきましょう。
或いはかかりつけの医師にあらかじめ相談しておくのが理想的です。

原因としては【原材料】にあると考えられています。
生成過程の最初にはミツバチによる原材料の調達があるのです。
具体的には花や植物のミツを体内に蓄積し、その他にも花粉などを原料とします。
それを自分の体内で分解・再構築して分泌するのです。

結果的に花粉や樹液の成分が残っており、それが私たちにとって有効成分にもなるわけですが、
成分の種類も多岐にわたるため、花粉などがアレルゲンになる可能性は高いでしょう。

妊娠中は身体がデリケートになっていますから、摂取は控えた方が良いとされています。
投薬もしずらい状態なので、くれぐれも注意しましょう。
こちらのxn--2ck2dtaci4ge.tvサイトの解説もわかりやすいです。

アナフィラキシーショック

アナフィラキシーショックにも注意が必要です。
これもアレルギー反応のひとつですが、生死にかかわるほどの重篤な症状です。

もちろん引き起こされる可能性は殆どないと言ってもいいくらいです。
しかし、100パーセントありえないものではない以上、対応だけは頭に入れておきましょう。

もし、呼吸困難や失神などの症状がでたらすぐに救急車を呼びましょう。
そして、その後は同じ食品を口にしないようにしましょう。

同じ蜂に何度か刺された時などに起こる症状として知られていますが、
卵や牛乳などでも引き起こされることも稀に見受けられるようです。

ローヤルゼリーに関しても例外ではありません。
くれぐれも注意しましょう。