健康促進!ローヤルゼリー

Royal jelly work

メインイメージ

ローヤルゼリーの種類を徹底比較

ひとくちにローヤルゼリーといっても、実は様々な種類があります。
これらには、それぞれにメリットとデメリットがあり製品選びの重要な指標になります。

大きくわけると製品タイプには下記の三つが挙げられます。
【生タイプ】・【調整タイプ】・【乾燥タイプ】
これらの価格や保存期間、保存方法、利便性などはそれぞれ異なります。

このなかから自分の理想にあったものを選ぶのがポイントです。
なぜなら、ローヤルゼリーは一日で効き目がわかる代物ではないからです。

それゆえに「継続」がなによりも重要になります。
毎日まじめに続けることが効果実感の一番の近道になるのです。

また、ローヤルゼリーの効果的な摂取方法http://www.teampavlik.com/itsunomu_koukateki.htmlも是非ご覧ください。

ここでは、三つのそれぞれの長所と短所を簡潔にまとめて紹介います。

生タイプ

http://www.velocityfiverestaurant.com/nama.htmlにも書いてあるように最大のメリットとしては純度が高いということが挙げられるでしょう。
このタイプは採取した後に必要最低限の処理だけ済ませビンにつめたもので、
とにかく鮮度が最大の魅力です。

とはいえ、有効成分であるデセン酸の含有量は乾燥のものに大きく劣り1.6パーセント程度です。
それでも十分な含有量を持っていると言っていいでしょう。

しかし保存期間が圧倒的に短いという点と保存が難しいという点が難点です。
これは保存料なども配合されていないが故に安全なわけですが、
同時に「なまもの」であるため、冷蔵庫での保管が必要です。

味を素直に感じることが出来るという点も多くの人はデメリットとするでしょう。
独特の風味があるため、この味を苦手とする人は少なくありません。
ボケない脳や体作りにについて、興味深い解説がありました。こちらもどうぞご覧ください。

乾燥タイプ

http://www.papajohnsbowl.com/fu.htmlにも書いてあるように生タイプの保存性の悪さをカバーしたのが乾燥タイプです。
文字通り、乾燥させて長期保存を可能にしたもので冷蔵庫に保管する必要もありません。

採取した後の加工までに時間がかからないという事から品質も保証されています。
デセン酸の含有量は3.9パーセントほどもあり、三つのタイプのうちでトップです。

多くの場合でカプセルに詰めて製品になっているため味を感じることもありません。
持ち運びも出来るので毎日の継続的な摂取にも便利です。

調整タイプ

調整タイプは、読んで字のごとく調整されています。
それ故に、栄養素の質もやや低めであり、デセン酸配合率は0.2パーセントほどに留まります。

しかし、保存は容易で様々な目的に合わせて摂取できるため人気のあるタイプでもあります。
乾燥タイプと同じくカプセルに詰めてある商品が殆どです。
それ故に外出中でも摂取可能、場所を選びません。

以上の三種から自分にあったものを見つけて使用してみましょう。
合わなければ変えてみても良いかもしれません。
何より大切なのは継続することだという点だけ頭に入れておきましょう。

ローヤルゼリーの歴史こちらも是非ご覧ください。