健康促進!ローヤルゼリー

Royal jelly work

メインイメージ

摂取のコツとポイント

ローヤルゼリーは大変素晴らしいたくさんの効果を持っていますが、
http://www.frontierstrvl.com/eat.htmlにも書いてあるように、正しい摂取をしなければその効果も半減、
もしくは実感できなくなってしまう可能性があります。

中には味や香りが苦手で続けることが出来なかったという方も多いのですが、
工夫次第で継続することは可能です。

ここでは、正しい摂取方法・注意点や工夫の仕方をご紹介していきます。

摂取量

安全で効果的な摂取をする上でまず気になるのが一日の摂取量です。

お薬の場合、一日の摂取量がきっちりと決められているのですが、
蜂が自然の中で作り出す健康食品のために厳密な摂取量は定められていません。

http://www.golsoftware.com/5.htmlにも書いてあるように、体格や体調などによって人それぞれですが、
大体500mg~2000㎎の間で調整すると良いでしょう。

また、その日の体調や精神状況、疲労度合いによって量を増減するのも良いでしょう。

最大量飲めば即効性があるという事でもなく、ご自身に合った量を飲むのが一番です。

少ない量から多くしていくのが安全な飲み方かもしれません。

こちらhttp://xn--vckn1b7c7bo7bces8e1ee8302juqzc.com/donnnasextusyu.htmlにも詳しく摂取方法について詳しく書いてあります。

継続が大事

どんな健康食品にも言えることですが、『継続が大切』です。

どんなに豊富な栄養素を含んでいても、その効果は一朝一夕で得られるものではなく、
徐々に身体が良い方向へ向かっていくものです。

ローヤルゼリー継続摂取の第一関門として『風味』があげられます。

独特な酸味と刺激がある為、苦手とする方もいます。

しかし、特有成分をはじめとする豊富な栄養を風味で諦めてしまっては勿体ありません。

美味しく摂取できる工夫を考えることで乗り切ることが出来ます。

例えば生ローヤルゼリーの場合、スプーン一杯にすくって、そこに同量のハチミツを加えます。

すると、蜂蜜の甘さが自然とマッチしてたいへん食べやすくなります。

ヨーグルトに混ぜる食べ方も人気です。

爽やかな酸味で、朝食時などにスッキリと食べられます。

他には、凍らせてシャーベットにすると、保存も出来ますし、
シャリシャリと食べやすくなって良いでしょう。

どんなに工夫しても苦手、という場合は、サプリメントで摂取するのも良いでしょう。

ただし、中には品質の悪いものもありますので、商品選びには十分注意しましょう。

また、こちらhttp://xn--2ck2dtaci4ge2233dm1f0r1h.com/pq13.htmlのローヤルゼリーを美味しく飲む方法についての記事も大変参考になるかと思います。

加熱はしない方が○

食べ方の工夫や継続するためのバリエーションの一つとして、
調理したり温かい飲み物に入れたいという方もいます。

しかし、含有成分の中には熱で壊れてしまう物も多いため、
加熱して摂取することはおすすめできません。

せっかく40種類以上の栄養素が入ったローヤルゼリーが無駄になってしまいます。

充分な栄養をバランスよく摂取したいのであれば、非加熱で摂取するようにしましょう。
こちらにはローヤルゼリーに含まれる豊富な栄養素についての説明がありました。数十を超える成分について、わかりやすいのでお勧めです。